DANIEL CLOWES (ダニエル・クロウズ)
モニカ (BOOK)

女性を主人公にした7年ぶりの新作
再上映に沸く映画「ゴーストワールド」の原作者であるアメリカンコミック作者ダニエル・クロウズ、前作「ペイシェンス」から約7年ぶりとなる新作が到着。主人公モニカと、彼女の母親ペニーの物を中心にベトナム戦争、カルト教団の根城、カリフォルニア州のひなびた保養地など多岐にわたる舞台、ハードボイルドから宇宙的恐怖、そして老いらくの恋までストーリーも多彩な9章からなる長編。クロウズがこれまでに描いてきたさまざまなテーマが形を変えて織り込まれ、さらに、1950年代のECコミックスから、マンガの源流の一つとされるロココ時代の画家ウィリアム・ホガースまで広範な影響が表現に生かされた野心作です。まず目に入るヴィジュアルのインパクト、そして一度読み終わっても再読すれば細部の些細なつながりにあらためて気がつくという深みが込められてますね!

タイトル:モニカ
著者:DANIEL CLOWES (ダニエル・クロウズ)
翻訳:中沢俊介
コミック・グラフィックノベル/翻訳
言語:日本語
ハードカバー
オールカラー
サイズ:29cm ×22cmx1.6cm
106ページ

BOOK/プレスポップ/日本盤
盤質/ジャケット NEW/NEW



型番 9784903090603
販売価格 2,970円(税270円)
SOLD OUT

Top