BILL EVANS
Conversations With Myself (LP)

自己と対峙する多重録音作
「ポートレイト・イン・ジャズ」「ワルツ・フォー・デビー」などの名盤でジャズの新たな時代を切り開いていったビル・エヴァンスが1964年にリリースした実験的アルバム。「自己との対話」と名付けられた本作は彼の代名詞といえる相手の出す音に反応し曲を組み立てていくインタープレイを他者ではなく自身のピアノに求めたもの。ピアノソロに反応するピアノ。さらにそれに反応するピアノ。3台のピアノの多重録音という斬新なアイデアから生まれるアンサンブルは内省的に深化していくとともに聴くものを強烈な力でその深みへと引きずり込んでいきます。まるで危険な麻薬のような名盤。

LP/VERVE/US盤
盤質/ジャケット EX+/EX(見開き・色あせ小)

THEME FROM "SPARTACUS"

ROUND MIDNIGHT

BLUE MONK

HEY THERE
型番 V6-8526
販売価格 2,808円(税208円)
SOLD OUT

Top