浅川マキ
MAKI (LP)

より音楽的要素が強まったセカンド
「漆黒の女王」浅川マキ1971年のセカンドアルバム。寺山修司の強力なバックアップによりアングラ演劇のようなトータル演出の程が色濃かった前作に対し、より音楽的要素が強くなったことで歌い手としての彼女の魅力がグッと前へと出た印象。「少年」「わたしが娼婦になったなら」…様々な主人公へと成り代わり語られる心情や情景が聴くものの中で鮮明にイメージ化されていくのはやはりその強烈な表現力によるものでしょう。つのだひろ、今田勝ら参加。、フォーク〜ブルーズ〜ロックからインドのトラディショナルソングやゴスペルまでも取り上げた意欲作!

LP/EXPRESS/日本盤
盤質/ジャケット 
EX/EX-(ポスター型歌詞カードあり・底割れあり)

少年

花いちもんめ

わたしが娼婦になったなら

ゴビンダ

型番 ETP-8117
販売価格 2,420円(税220円)
SOLD OUT

Top