巻上公一
民族の祭典 (LP)

鋭いセンスが伝わる濃厚なエキゾ名盤
ヒカシューの奇才巻上公一が1982年にリリースしたファーストソロ。当時のテクノポップグループの中でもアングラ感やモンド感覚において他の追随を許さなかった彼が、その世界観をさらに深化させ、童謡、唱歌、歌謡曲、民謡などを取り上げたコンセプトアルバムであるが、そこで表現されているのは親しみやすい大衆性ではなく、むしろその裏に潜む闇やタブーのような世界。「赤い靴」での背筋の凍る感覚など、その歌の持つ本来の姿を浮き彫りにした鋭いセンスがひしひし伝わる濃厚な名盤だ。バックはヒカシューのメンバー始め、フリーキーなサックスを聴かせてくれる立花ハジメや「おおブレネリ」に参加したゲルニカ結成以前の戸川純と上野耕路など当時のその筋の人脈。個人的にですが、なんだかこれ聴くと秘宝館に入った時の感覚を思い出しちゃうんだな。。

LP/東芝EMI/日本盤
盤質/ジャケット M-/EX (歌詞カードあり)

アルタネイティヴ サン

私の青空

おおブレネリ

赤い靴

型番 WRP-90153
販売価格 1,728円(税128円)
購入数


おすすめ商品


小川さくら
2018 8 (CDR)

300円(税22円)


WILLIAM EATON
Struggle Buggy (LP)

2,376円(税176円)


Top