THE DEAD GOLDFISH ENSEMBLE
Fishy Tails (LP)

どこか人懐っこい電子箱庭サウンド
世に出ることのなかったワールド・スタンダードの最初期音源など独自の視点でリリースを続ける下北沢「pianola records」主宰の「conatala」レーベルの最新作は英国サウサンプトン出身の音楽家ザ・デッド・ゴールド・フィッシュ・アンサンブルことスティーヴ・ハートウェルの作品。クラフトワーク「Autobahn」から着想を得、1983年からシーケンサーや元祖音楽制作コンピューターともいえるMSXコンピューターを使用した音楽制作を開始。スティーヴ・ライヒやフィリップ・グラスなどのミニマルミュージックも持ち込みながらもアカデミックではなくどこか人懐っこい電子箱庭サウンドを生み出した彼。そのほとんどがカセットによるリリースでしたが、自主制作盤そしてインディペンデントレーベルなどに提供した音源などを編集し「conatala」が初となるレコード化。ジャケットデザインはスティーヴ・ハートウェル本人による金魚のモチーフを基に、横山雄が構築。オリジナルマスターテープからデジタル化された音源を大城真がマスタリング。脳をほぐされてるような気持ち良さ。クセになる!

LP/conatala/日本盤
盤質/ジャケット NEW/NEW

型番 conatala-003
販売価格 3,080円(税280円)
購入数


Top