水木しげる
妖怪幻想 (LP)

強烈な電子音で表現される妖怪の世界
これは日本音楽史における怪盤中の怪盤!?1970年代末ビクターが「音で見る」をコンセプトにしたオリジナル・コミック・シリーズのうちの1枚で、水木しげる監修によるヴィジュアルとサウンドが一体となった壮大なコンセプト作品。音楽を担当したのは森下登喜彦。ジャズ〜クラシック出身ながら前衛志向の強い彼が当時の最先端機材であったシンセサイザーを操り妖怪を音で表現したものであるが、そこにあるのはお茶の間で放送される「ゲゲゲの鬼太郎」などの大衆的なイメージとは180度ベクトルの違うアヴァンギャルドな世界。サイケデリック、プログレ、電子音楽、国内のみならず海外でも高い評価を受ける本作は、現世と異世界を行き来する水木しげるの入り組んだ芸術性そのものを音源化したという感じだ。「河童」「座敷童子」「ぬらりひょん」...曲のタイトルは全て妖怪の名前という衝撃のクレジット。そして何と言っても表裏にびっしりと描かれた強烈なパワーを持った妖怪画。これはまさにLPというフォーマットでしか体験できないはずです!

LP/VICTOR/日本盤
盤質/ジャケット EX+/EX (裏少しシミ・ライナー欠)

河童

座敷童子

ぬらりひょん

べとべとさん


型番 KVX-1039
販売価格 5,184円(税384円)
SOLD OUT

おすすめ商品


RUMINZ
Spasm Mate (Zine)

2,000円(税148円)


MARIA MULDAUR
S・T (LP)

1,944円(税144円)


JAVELIN
No Mas (LP)

1,836円(税136円)


寺田創一
Sumo Jungle (12inch)

3,780円(税280円)
SOLD OUT


Top