JAIR RODRIGUES
Antologia Da Seresta (LP)

先人たちの名曲を取り上げた哀愁のサンバ
エリス・レジーナとの共演盤などエンターテインメント性の高いサンバ歌手として60年代より第一線で活躍するジャイル・ロドリゲスが1979年にリリースしたアルバム。ホセ・マリア・デ・アブレウ、アリ・バホーゾはじめブラジルの先人作曲家たちの作品を取り上げたボレロなどにも通じる哀愁たっぷりのサンバ。彼の持つ豪快なファンキーさとは少しイメージが異なりますが、華やかな装飾を外したことによりシンガーとしての底知れぬ魅力がさらに鮮明となったなんとも味わい深い名盤です。

LP/PHILIPS/BRAZIL盤
盤質/ジャケット EX/EX

LABIOS QUE BEIJEI

A VOZ DO VIOLAO

PATATIVA


型番 6349 416
販売価格 1,944円(税144円)
購入数


Top