小林啓子
あげます (LP)

ジャックス「からっぽの世界」カヴァー
和製ソフトロックの宝庫として名高い「ステージ101」出身。ソロとしてもフォーク歌手として「比叡おろし」などをヒットさせ「日本のジョーン・バエズ」などと呼ばれた小林啓子の1971年のファーストアルバム。「比叡おろし」からサイモン&ガーファンクルそしてキャロル・キングの「つづれおり」から2曲を選曲するなど邦洋のカヴァーを中心とした内容ですが、彼女の持つ独特の憂いを帯びたヴォーカルが白昼夢にも似たムードを醸し出しています。その極め付けがジャックス「からっぽの世界」本家をしのぐほどダウナーな歌謡アシッドフォークへと変換された迷カヴァー。サビでのエコーがほんとハンパない!?

LP/キング/日本盤
盤質/ジャケット EX+/EX(見開き)

からっぽの世界

さよならをいうまえに

ユーヴ・ガット・ア・フレンド

こわれた愛のかけら

型番 SKD 100
販売価格 2,646円(税196円)
SOLD OUT

Top