安田潤
青春の日々...口笛 (LP)

日本の調べに震音する表情豊かな口笛
個人名義での作品も数多くリリースしたアメリカの盲目の口笛奏者フレッド・ローリー、誰もが片手間でやったことのある口笛を芸術の域にまで押し上げたまさに口笛界のパイオニアと言える彼。そんなローリーの口笛は海を越えたひとりの人物の人生を変えることになります。それがこの安田潤。フレッド・ローリーの口笛を耳にし40代で脱サラしたというエピソードも凄すぎますが、、その後の活動はまさに日本における口笛の地位向上の第一人者となったのは言うまでもないでしょう。本作は1978年の日本のメロディを取り上げたアルバム。叙情の調べに震音する表情豊かな口笛がオリエンタルエキゾなサウンドと溶け合う世界は、口笛も声と同じく大きな可能性を秘めた人体楽器のひとつなのだという事実をまざまざと見せつけてくれます。「平城山」「五木の子守唄」「ふるさとの」..... 本当に素晴らしい!!

LP/キング/日本盤
盤質/ジャケット EX+/VG (帯少し破れ・色あせあり)

平城山

五木の子守唄

出船

ふるさとの

型番 SKA253
販売価格 1,944円(税144円)
SOLD OUT

Top